Rally Car Competition

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリーって?(その2)

久しぶりだな、諸君。
コ・ドライバーのF・ヤクトだ。
事務局長を僭称する筆者がサボっていたために、実に2か月も間が空いてしまった。
申し訳ない。
ま、あんまり期待されてない記事なので良しとするか(笑


2.SSから次TCまで
シグナルグリーンにほんの一瞬遅れてクルマはダッシュしていく。
あんまりギリギリなスタートだとフライングペナルティをもらってしまうので、ほんの少しだけ(ホントに気持ちだけ)遅らせる。ペナルティを貰うよりはいい。
因みにフライングはクリスマスツリーに連動した専用の装置で判定される。なかなか厳しいのだ。
スタートしてすぐにTCエリア終了看板が出る。
tc終了看板

これでTC1から続くTCエリアが終了した。このエリア内ではクルマの整備禁止であったが(前回記事参照)、この看板から先ではこれが解除となる。もっともSS中だからトラブルでも起こらない限りはそんなことはしないが。

さてペースノートに従って運転手はクルマを走らせているが良く滑る。
右コーナーを抜けると、アウト側の立木に2つ前のゼッケンのクルマが正面からぶち当たって止まっている。クワガタというやつだな。
クルーがロードブックの最終ページに付いている「OK」シートをこちらに向けている。
ok

これは「停まってるけど、救助の必要はないよ」という意味。
後続車や、上空のヘリコプターに提示せねばならない。
「OK」シートの裏側は、赤い文字で「SOS」と書いていて、これを提示すると「救助が必要」。これを出されたら停止して救助活動をせねばならないので大変だ。

さて、滑るのでいまいちリズムに乗れないまま、SS1も間もなくゴール。黄色いチェッカーフラッグ看板からゴールエリアに入る。
ss_goal_flag

そして赤いチェッカーフラッグ看板でゴールである。
ペースノートはゴール後、少しの間は読み上げる。減速しきるまではノート無しでは危険なのだ。
そしてSTOP看板の位置で停止。タイムカードにSSタイムを記入してもらう。
stop

ヘルメットを脱いで、ドライバーにミネラルウォーターを渡して、さあ次のTC2に向けて出発だ。
TC2への到着時刻を計算する。次TCへの到着時間は「前TCから○○分」というふうに指示される。
えーと、ここでは…TC1から30分だと。
TC1が8時48分だったから、TC2には9時18分に入ればよい。
今9時3分。TC2まであと5キロ。
ま、余裕だね。タイヤ交換とかあると忙しいけど、バーストしてないし。
次のSSのノートでも準備しましょうか。
<続く>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

みやっち&躍人

みやっち&躍人

ラリ・コンへようこそ!

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。